RSS | ATOM | SEARCH
相手に伝えっぱなしになっていませんか?






『人間関係の仕組みが分かれば、人に会うのが楽しくなる』


コミュニケーション能力を高めるお手伝いをしている


銀座コーチングす来る三重校代表の田中康博です。










先日はいったスタバで飲んだラテのカップに

こんなメッセージを店員さんが書いて下さっていました。




{9DFAF6BC-CFA3-4CC6-B53B-5D78BF0C3AEE:01}







ちょっと、疲れ気味な時でもあっただけに

とてもうれしいメッセージでした。





ちょうど、同じように文字にしたメッセージを先日見かけました。



それが、こちら






{057DF05D-BB20-4CCF-BF10-BE8BCCD440F3:01}




長男の誕生日に合わせて

妹と奥さんが送った手紙。





妹の字はまだちょっと読みにくかったりもするけど

一生懸命に思いをつづった手紙。



こうした手紙を届けることは、

相手に伝えたい事を確実に発信するためには良い手法です。



つい会話の中では言えなかったりすることもありますが

手紙に書くことであれば、書き洩らすことさえなければ

確実に相手にメッセージを届けることが出来ます。



コミュニケーションの中で上手くいかない理由の一つに

『聞いてなかった』

と言うものがあります。





つまり、発信者の伝え方がまずかったとも言えます。



会話の中で伝えることは、他の事に流されてしまい

つい相手が聞きそびれてしまう事もあります。



手紙などの文章で届ければ

相手が再度確認することが出来ます。



つまり、相手と会話をした時に

例えば最後に伝わったかどうかを確認することって

とても有効です。





ライチの約束をした時でも

その後の会話が盛り上がってしまうと

ランチの約束をしたことを忘れてしまう事だってあるかもしれませんからね。





最後にもう一度確認するのは相手に失礼と感じるのであれば

『今度のランチ楽しみにしてるね』

と、メッセージを送ってみたり。



『そう言えば、時間何時だったっけ?』

とこちらがウッカリして聞いてみたり

そんな事をしてみても良いのではないでしょうか?





確認をする。



それだけで、防ぐことのできる会話の中での

『伝えた』、『聞いていない』 と言うトラブル。





心がけてみてくださいね。







感想やご質問はこちらからどうぞ










◆コミュニケーション能力UPコーチ◆ 田中康博




ブログだけでは、お伝えできないコミュニケーション改善手法のご案内

周りの人と心がつながり始めるためのアラウンドコミュニ―ション通信を毎週木曜日の夜に無料配信しております。

コミュニケーションを回し始めるヒントをお届けしています。

 【こちら】 から登録できます。







【人間関係のマトリックスを学びませんか?】

人間関係をより分かりやすく理解するためのツールである人間関係のマトリックス。

家族間でのトラブルやパートナーとの間で発生しがちな人間関係のすれ違いについて一緒に考えます。

身近な人だからこそしっかりを向き合いませんか?

  人間関係のマトリックス スタディグループ

平成28年1月10日(日) 13時半より 詳細はこちら






author:田中康博, category:コミュニケーション能力, 13:45
comments(0), trackbacks(0), -
Comment









Trackback
url: http://coachpapa.jugem.jp/trackback/917