RSS | ATOM | SEARCH
組織の中での問題点探しでの注意事項


『人間関係の仕組みが分かれば、人に会うのが楽しくなる』
コミュニケーション能力を高めるお手伝いをしている
JADA(日本能力開発分析)協会 認定1級コーチの田中康博です。





会社組織に属していると評価されやすい能力があります。



そのひとつとして

問題点に気づくと言うものです。



勿論、リーダーシップなどもありますが

組織の問題点が騒がれやすい日本と言う国では

問題がないかどうか?



と言う点を気にすることが多いために

そうした視点で組織を見てくれる人って重宝されがちです。



また、製品を作る際や新しい事業を始める時に

ボトルネックと呼ばれるような問題点探し



問題点に気づくこと



とても大切な能力になります。





しかしながら組織内の人間関係の話になると

相手の問題点ばかり探している人ってどうでしょう?



一緒に働きたくはないですよね。笑



実は、問題点を探す能力にたけている人って

つい人の問題にも気づいてしまいがちなのです。





あなたの周りにもそんな人はいませんか?



もしかしたら、自分自身がやってしまっている

そんな心当たりがあるのかもしれません。





では、そんな人に出会ったときや

自分がついそんな事をしてしまう事があると感じた場合にどうしたらよいのか?



それは、どうしたらよいか?にフォーカスしてください。



どういう事かと言うと、

何かと問題点を指摘してくる人がいたら



「では、どのようにしたらよいかアドバイスをお願いします。」



と素直に聞いてしまえばよいのです。





逆につい問題点を指摘してしまう人は

「こんな形でやってみてはどうかな?」



と提案してみる癖をつけてみてください。





組織の中で陥りがちな問題点の探り合い

からは抜け出せます。



そして、何気に重要なのが

イライラ感を出したり感じない事です。



こうした事って変な感情をセットにするから良い印象を与えません。

素直な気持ちで伝えること。



実はこれが出来るかどうかで

同じ言葉でも相手へ伝わる印象が随分と変わってきます。



{8DE14666-0A39-4F1B-9DA9-AEAE215627D0:01}



是非一度試してみてくださいね。



特に一方的に言われてしまう相手には

心を落ち着けてチャレンジしてみてくださいね。







感想やご質問はこちらからどうぞ



◆コミュニケーション能力UPコーチ◆ 田中康博


ブログだけでは、お伝えできないコミュニケーション改善手法のご案内

周りの人と心がつながり始めるためのアラウンドコミュニ―ション通信を毎週木曜日の夜に無料配信しております。

コミュニケーションを回し始めるヒントをお届けしています。

 【こちら】 から登録できます。




【人間関係のマトリックスを学びませんか?】

人間関係をより分かりやすく理解するためのツールである人間関係のマトリックス。

家族間でのトラブルやパートナーとの間で発生しがちな人間関係のすれ違いについて一緒に考えます。

身近な人だからこそしっかりを向き合いませんか?

  人間関係のマトリックス スタディグループ

平成28年1月10日(日) 13時半より 詳細はこちら
author:田中康博, category:コミュニケーション能力, 14:35
comments(0), trackbacks(0), -
Comment









Trackback
url: http://coachpapa.jugem.jp/trackback/906