RSS | ATOM | SEARCH
見られ方を気にすること
『人間関係の仕組みが分かれば、人に会うのが楽しくなる』
コミュニケーション能力を高めるお手伝いをしている
JADA(日本能力開発分析)協会 認定1級コーチの田中康博です。



不思議なほどに印鑑を上下逆に押したり
傾いて押したりする人と仕儀とをした事があります。

確かに印鑑を押していますので
事は足りていますが、勿体無いと感じました。

それは、印鑑をまっすぐ押していないと
何か作業を頼んだ時に精度が低いと見られてしまいます。


たかが印鑑かもしれませんが
何かをする時に細部まで拘らない人だと
相手に捉えられます。

{42A27C95-CF4C-4432-A276-E5C8A0CB7B34:01}


逆にどんな些細なミスでも細かく指摘をしていると
神経質な人だと相手に捉えられます。

これは、朝の挨拶一つでも
大きな声でしている人は元気な人だと捉えられますし
何時も下を向いて小さな声でしか挨拶をしない人は
元気な人だと相手に捉えられます。


実は、相手にどの様に捉えられるのかは
自分自身で作りあげています。

自分で行っている行動そのものが
相手に捉えれられているのです。


何故この事が大切なのか?

それは、以前『話す前に既に力学は発生している』
書きましたが、
こうした日々の行動から相手があなたの事を見て
感情を作りだしています。

相手との今の関係性を作り出しているのは
日頃のあなたの行動です。


周りとの人間関係を変えたいと感じたら
どんな関係性を作り出したいのか?
と言う基準から日々の行動を変えていきませんか?


 

感想やご質問はこちらからどうぞ

◆コミュニケーション能力UPコーチ◆ 田中康博
ブログだけでは、お伝えできないコミュニケーション改善手法のご案内
周りの人と心がつながり始めるためのアラウンドコミュニ―ション通信を毎週木曜日に無料配信しております。
はなく双方向ですよね。そんな思いを込めてコミュニケーションを回し始めるヒントをお届けしています。
 【こちら】 から登録できます。

 
【人間関係のマトリックスを学びませんか?】
人間関係をより分かりやすく理解するためのツールである人間関係のマトリックス。
家族間でのトラブルやパートナーとの間で発生しがちな人間関係のすれ違いについて一緒に考えます。
身近な人だからこそしっかりを向き合いませんか?
  人間関係のマトリックス スタディグループ
平成28年1月10日(日) 13時半より 詳細はこちら
author:田中康博, category:コミュニケーション能力, 06:08
comments(0), trackbacks(0), -
Comment









Trackback
url: http://coachpapa.jugem.jp/trackback/895