RSS | ATOM | SEARCH
仕事をうまく進められ無い人の特徴


『人間関係の仕組みが分かれば、出会いを通して可能性も引き寄せる』
コミュニケーション能力を高めるお手伝いをしている
JADA(日本能力開発分析)協会 認定1級コーチの田中康博です。





仕事をしている時に、どうもスムーズに仕事を進めれない人を見かけます。



何故かな〜?

と考えると、よく似た特徴として



『人に頼む仕事の連絡が遅い』

と言うものがあります。



確かに何かと忙しいのかもしれませんが

自分でやることはさておき、

『人の力を借りなければならない事だけ

 先にその人に伝えておく。』



この事が出来ないがために

頼まれた相手の都合がどうしてもつかなかったり

仕事が雑になる結果になったり

人間関係がぎくしゃくしたり。

{E7B1FF0E-874E-4F14-A867-4818BF13E65A:01}




自分の都合は何とかなっても

相手には相手の都合があります。



その事の配慮が出来るかできないのか?って

仕事の段取りの良し悪しを見る時に気になる部分。



やるべきことの全体像を先に掴んでおけるかどうか?

それだけの事なのですが、

全て後回しにしてしまう人がいるんですよね〜。



以前も、上司がこういうタイプの人で困っていた時期がありました。



その人にとってはタイミングの良い時に案内してくれているのかもしれませんが

こちらのスケジュールは完全無視。汗



他にも、どうも一緒に仕事をするのが

良い印象が無い人って、多くがこうした配慮の無い人でした。





どうしてこうなのか?

どうも、自分の都合でしか物事が進められない



そんな印象を受けます。

これって、コミュニケーションも同じだと感じます



自分のペースだけで話し続けている人って

会話しにくいですよね。



相手のペースや知識に合わせて会話をすること。



チョットした事なのですが

出来ていない人って多いものです。



相手のやりやすいように話したり、聴くこと。

相手によっても心地よい話し方や聴き方が違うものです。



まずは、相手が求めているものを探るところから始めてみませんか?



【課長になったらすぐに手に入れたい5つのコミュニケーションスキル】

 期間限定メールコーチ受付中〜。







感想やご質問はこちらからどうぞ



◆コミュニケーション能力UPコーチ◆ 田中康博


ブログだけでは、お伝えできないコミュニケーション改善手法のご案内

周りの人と心がつながり始めるためのアラウンドコミュニ―ション通信を毎週木曜日に無料配信しております。

はなく双方向ですよね。そんな思いを込めてコミュニケーションを回し始めるヒントをお届けしています。

 【こちら】 から登録できます。




【人間関係のマトリックスを学びませんか?】

人間関係をより分かりやすく理解するためのツールである人間関係のマトリックス。

家族間でのトラブルやパートナーとの間で発生しがちな人間関係のすれ違いについて一緒に考えます。

身近な人だからこそしっかりを向き合いませんか?

  人間関係のマトリックス スタディグループ

平成28年1月10日(日) 13時半より 詳細はこちら
author:田中康博, category:コミュニケーション能力, 22:40
comments(0), trackbacks(0), -
Comment









Trackback
url: http://coachpapa.jugem.jp/trackback/892