RSS | ATOM | SEARCH
話す前に既に力学は発生している




『人間関係の仕組みが分かれば、出会いを通して可能性も引き寄せる』


コミュニケーション能力を高めるお手伝いをしている





JADA(日本能力開発分析)協会 認定1級コーチの田中康博です。







人間関係のマトリックスについて、良く質問を頂くのは

『同じタイプの人はどうなるの?』
です。



確かに4つのポジションしかないと言う事なので

同じタイプの人にすぐに出会いそうでもありますよね。



実は、人間関係のマトリックスでお伝えしているのが

相手との力関係によって、どのポジションなのかが変わると言う事。



ポジティブ自立同士の方であれば

よりポジティブ自立である人がポジティブ自立となり

相手がネガティブ依存になるのです。



相手との力関係、

つまりは

相手との力学によってどのポジションなのかが変わります。





でも、このお互いの力学によるポジションが決まることについて

コミュニケーションをとる前から決まていることがあります。



例えば、職場の上司と部下や家庭での親子などです。



{8C139EFF-8090-45A9-A64F-DB2C446D333F:01}






話をする前であっても、

それまで交してきたコミュニケーションの
記憶から、


自然と感情が湧き出てくることによって

どれかのポジションになってしまっている事が起こりえます。





例えば、いつも細かい指摘をもらう上司に話す時には

その上司が目の前に立っただけでオドオドとしてしまう。



もしくは思い出すだけでもオドオドしてしまう事も

あるのかもしれません。



話をする前から相手に威圧された状態になっているのです。



既に人間関係が出来ている中での人間関係を変えるのが難しいのは

コミュニケーションをとる前から既に感情が動いてしまっていることが要因として挙げられます。



既にどのポジションにいるのか?が決まっているから

何時もと同じようなコミュニケーションとなってしまいます。



まずはニュートラルな状態でコミュニケーションをスタートさせる。



コミュニケーションを改善させるためには、この事がとても大切になります。



その為にも、心を落ち着かせてから、

苦手なあの人とコミュニケ―ションをとり始めてみてください。




何時もと違う形でのコミュニケーションが取れる

きっかけになるのではないでしょうか?








感想やご質問はこちらからどうぞ











◆コミュニケーション能力UPコーチ◆ 田中康博




ブログだけでは、お伝えできないコミュニケーション改善手法のご案内

周りの人と心がつながり始めるためのアラウンドコミュニ―ション通信を毎週木曜日に無料配信しております。

はなく双方向ですよね。そんな思いを込めてコミュニケーションを回し始めるヒントをお届けしています。

 【こちら】 から登録できます。







【人間関係のマトリックスを学びませんか?】

人間関係をより分かりやすく理解するためのツールである人間関係のマトリックス。

家族間でのトラブルやパートナーとの間で発生しがちな人間関係のすれ違いについて一緒に考えます。

身近な人だからこそしっかりを向き合いませんか?

  人間関係のマトリックス スタディグループ

平成28年1月10日(日) 13時半より 詳細はこちら











author:田中康博, category:コミュニケーション能力, 06:45
comments(0), trackbacks(0), -
Comment









Trackback
url: http://coachpapa.jugem.jp/trackback/884