RSS | ATOM | SEARCH
相手の事をより良く知るために



『人間関係の仕組みが分かれば、出会いを通して可能性も引き寄せる』


コミュニケーション能力を高めるお手伝いをしている


JADA(日本能力開発分析)協会 認定1級コーチの田中康博です。





最近はすっかりテレビを見ませんが、昔はテレビを良く見ていました。



そして、朝のニューズ番組で流れる占いがとっても気になりました。

うお座の僕は、うお座の運勢ランキングが12位だと凄く凹んでいまして・・・。笑



でも、今はテレビを見ていたとしてもまったく気にしないです。





同じように、血液型の違いによって性格が違う事について

多くの人が気にしていますが、僕が殆ど気にしていません。





何故ならば、影響を受けやすい僕は、

上手くいかない時の理由に性格分析や占いの結果をあてはめて

動かない言い訳や、結果が出ないことの言い訳にしてしまう傾向があるからです。






特に相手とのコミュニケーションをとるときに

『あの人の血液型は〇型だから』

と思いながら会話していると、その前提で相手と接してしまい

相手が本当に伝えたいものに触れ無くなってしまいます。



勿論、人それぞれコミュニケーションの特徴はあります。

しかし、それを相手の事を良く知らないうちから

〇〇な人



と定義づけて接することは、お互いを知っていく段階では

不必要な情報ではないでしょうか?



{AEBA6151-72EA-4D3E-B83D-1259CDF01DCE:01}




特に苦手なタイプだと勝手に判断していた時。

相手に不快感を覚えてしまうことって、雰囲気で伝わるものです。



何も知らない相手とのコミュニケーションであれば聞くことも沢山あるし

話を聞く楽しみも広がります。





相手を定義づけすることで

コミュニケーションの幅を狭めない。






勿論、様々な性格分析や占いなど

皆さんのお役に立っているものが沢山あると思います。



そんな中であえてそうした情報に振り回されないようにすることで

相手の方がその時に感じている感情を素直に感じられます。





誰だって、凹む時はあるし、調子が良い時があります。



目の前にいる相手の今の状態を感じる。



その時に『〇〇な人』と言う色眼鏡で相手を見る必要はないですよね。





人間関係のマトリックスは相手の感情を分析するものですが、

その時の相手の状況、自分の状態を把握するのに便利なツールです。



色眼鏡をかけるのではなく、

そのままの相手を見ることで、その時の相手の感情に寄り添えるのだと僕は信じています。





勿論、様々な分析や占いって本当によく考えられ作られていると思います。



先日も動物占いをしていただきましたが

その分析は良く当たっているな〜と関心しました。



だからこそ、その分析結果に縛られないようにしたい。



それよりも、目の前の人に真摯に向き合う事って

僕にとってはとても大切な事なのです。







感想やご質問はこちらからどうぞ











◆コミュニケーション能力UPコーチ◆ 田中康博




ブログだけでは、お伝えできないコミュニケーション改善手法のご案内

周りの人と心がつながり始めるためのアラウンドコミュニ―ション通信を毎週木曜日に無料配信しております。

はなく双方向ですよね。そんな思いを込めてコミュニケーションを回し始めるヒントをお届けしています。

 【こちら】 から登録できます。











〜TOEIC915を取った男とメンタルトレーナーが教える〜

「3日坊主を克服し、目標達成をする脳の作り方」


資格取得に向けて努力を続けているつもりが、あと一歩で資格取得が出来ない。それは、あなたの本当の力を使ってないからなのです。感動脳を作り上げることで、日々の行動が変わり、資格取得に向けてあなたの行動が変わります。今回はその仕組みを大公開します。

◆2015年11月20日(木) 19:15より

◆栄メンバーズオフィスビル 508号室

 愛知県名古屋市中区栄4−16−8



詳細は 【こちら】 からご確認いただけます。












author:田中康博, category:コミュニケーション能力, 10:45
comments(0), trackbacks(0), -
Comment









Trackback
url: http://coachpapa.jugem.jp/trackback/870