RSS | ATOM | SEARCH
問題が起きる事は良い事。



『人間関係の仕組みが分かれば、出会いを通して可能性も引き寄せる』


コミュニケーション能力を高めるお手伝いをしている


JADA(日本能力開発分析)協会 認定1級コーチの田中康博です。





『人間関係』と言う言葉にどの様なイメージを持っていますか?



以前の僕は、『問題が起きるもの』



そんな捉え方をしていました。



実際に人と人とのコミュニケーションでは

ちょっとした行き違いでトラブルに発展すると言う事は良くある話です。



このトラブルになった時の感情の揺れ動きが好きではなく

出来る限りこうした場面に遭遇に内容にして過ごしていました。



その為に、

自分が思ったことや感じたことや言わないようにして

相手の様子を見る。




そんな事をいつもしていました。




{AAA7E3FA-73A8-46B4-AAD0-9E6BA5EAC7C3:01}






でも、こうしたコミュニケーションをとっていると

表面上はトラブルが起きないものの、

良い関係には中々発展しにくい事に気が付きました。



それは、人間関係の行き違いがあるからこそ

問題に気付くのに、相手が問題に気づかないようにしているから
です。





実は問題に目を向けずにいるだけです。



そんなすれ違いの関係ままで

同じ職場にいたり

同じ家庭の中にいたりすると

何時かはその関係は大きなトラブルを引き起こします。



そんな大きなトラブルになった時には

関係を修復出来ないような事態になっていることもありえます。



その前に、問題点を少しづつ改善していくこと。



その為には問題に気づく機会が必要ですよね。



目の前のチョットした感情の揺れ動きが嫌で

問題を先送りし続けることは、

残念ながら問題を先送りしているだけです。




{BC089B18-127E-49E6-91BD-D97233299D26:01}






僕自身もやってしまいがちな

自分の感じていることを素直に話すこと

どれだけ、できていますか?



その感じている事を相手に伝えることって

相手のためにもなることがるはずです。



あなたが感じたものを心の奥底にしまうのではなく

相手との間にあるテーブルの上にのせてみませんか?



まずは小さなことからで大丈夫です。

その時の感情をセットにするのではなく

感じたことをそのまま伝える。



嫌だと感じたことを伝えるのが難しければ

嬉しかったことでも大丈夫



普段から伝える心がけるする事。



是非チャレンジしてみてくださいね〜。








感想やご質問はこちらからどうぞ











◆コミュニケーション能力UPコーチ◆ 田中康博




ブログだけでは、お伝えできないコミュニケーション改善手法のご案内

周りの人と心がつながり始めるためのアラウンドコミュニ―ション通信を毎週木曜日に無料配信しております。

はなく双方向ですよね。そんな思いを込めてコミュニケーションを回し始めるヒントをお届けしています。

 【こちら】 から登録できます。







【人間関係のマトリックスを学びませんか?】

人間関係をより分かりやすく理解するためのツールである人間関係のマトリックス。

家族間でのトラブルやパートナーとの間で発生しがちな人間関係のすれ違いについて一緒に考えます。

身近な人だからこそしっかりを向き合いませんか?

  人間関係のマトリックス スタディグループ

平成27年11月8日(日) 13時より 詳細はこちら







author:田中康博, category:コミュニケーション能力, 18:50
comments(0), trackbacks(0), -
Comment









Trackback
url: http://coachpapa.jugem.jp/trackback/868